女性にもおすすめ!生理痛を緩和する生姜

女性
Pocket

生姜は生理痛を緩和する食べ物

男性は分からないかと思いますが、生理痛がひどい人は大変です。

生理痛が無い、あるいはあっても少しという女性もいますが、生理痛がひどい女性はあまりの痛さに歩けなくなったり、吐き気をもよおしたり、薬を飲まずにはいられない人もいます。

生理痛がひどいのはある種体質ですからどうしようもありませんが、生理痛を少しでも緩和できれば良いですよね。

お腹や腰をホッカイロで温めたり、ツボ押ししたり、生理痛を和らげる方法はいくつかありますが、個人的におすすめしたい方法が生姜です。

そもそも何故生理痛が起きるかというと、プロスタグランジンE2という物質が過度に分泌されるためだと言われています。

プロスタグランジンE2は子宮を収縮させ、子宮内膜を剥がして体外へ排出させようとします。

これが一般的に言われる生理ですが、当然出血したり、痛みを伴います。

プロスタグランジンE2自体分泌されることは問題ではないのですが、問題は必要以上に分泌されることで、そのために子宮を強く収縮させ、強い痛みを引き起こすのです。

このプロスタグランジンE2が何故たくさん分泌されているのかといえば、体の冷えが関係しています。

冷え性は西洋医学では病気とされておらず、冷え性をそのまま放置している人が多いですが、体の冷えは体の機能が正常に働いていないことと同義です。

一般的に冷え性の女性はプロスタグランジンE2の分泌量が多く、生理痛がひどいと言われています。

ですから生理痛を和らげるために体を温めるのですが、生姜は体を温める作用に優れた食べ物です。

生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、加熱することでショウガオールという成分に変わり、体をポカポカと温めてくれます。

実際に生理痛がひどい人に生姜湯を飲んでもらったところ、痛みが引き、楽になったと感じるようです。

普段からカフェインを良く摂取している人やスナック菓子、チョコレートが好きという女性は血行が悪く、またエアコンの付いている環境に一日中いるような方は自律神経が乱れ、体が冷える傾向にあります。

しかしながら、いきなり生活習慣や環境を変えるのは難しいでしょうから、まずは生姜湯を飲むようにし、体の冷えを除去することから始めてみてはいかがでしょうか。

妊婦は生姜を食べてはいけない?

妊娠中の辛い症状の一つにつわりがありますね。

個人差はあれど、吐き気や嘔吐、頭痛、胃もたれなど辛い症状に悩まされる方も少なくないはずです。

この辛いつわりの症状を和らげる食べ物として生姜が良いと言われているのをご存じですか。

生姜を食べることで胃腸の働きを改善したり、吐き気を促すセロトニンというホルモンの分泌を抑えてくれるので、つわりの症状が楽になると言うのです。

また血行を良くして体を温めるので、「ホルモンバランスが崩れて冷えが気になる」「手足が冷たい」という妊婦にもおすすめであると雑誌でも紹介されています。

これにはショウガのジンゲロールという成分が作用しているようですが、実際につわりが楽になったという妊婦の方も大勢いるようです。

しかし昨今生姜を妊婦が摂取することへの危険性が考えられるようになりました。

生姜が吐き気を抑えるといっても、大量に摂取することで逆に胃腸を刺激したり、ひどい場合は流産の恐れもあるというのです。

1日1g以上摂取すると危険なようですが、あくまで摂り過ぎなければ問題は無いようです。

しかしさすがに流産となると生姜の摂取を控えてしまいますね。

しかし体の冷えも胎児の成長に影響を与え、早産や流産、あるいは逆子になる危険を少なからず高めます。

ですから体を温めることは大切なのですが、昔から過ぎたるは及ばざるが如しというように、過剰摂取には気を付けましょう。

心配なら専門の医師に相談してみるのも一つです。

また冷え対策は何も生姜だけではありませんから、生姜だけに頼らない方が良いかもしれません。

あくまで補助的に生姜を活用して元気な赤ちゃんを産んでください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*