生姜で胃が荒れる?副作用はあるの?

疑う女性
Pocket

生姜で胃が荒れるのは何故?

寒い季節、冷え性の多い女性にとっては風邪を引いたり、便秘を引き起こす原因にもなります。

冷えや風邪を予防するためにもショウガを是非活用してほしいものです。

ショウガは体を温める効能に優れ、現在でも漢方のおよそ7割は生姜が使われているようです。

そんな生姜ですが、中には生姜を食べると胃が荒れてしまったという人もいるようですが、生姜で胃が荒れてしまうのは何故でしょうか。

大抵は生姜を食べ過ぎた、あるいは胃腸が弱っていたというときに、胃痛、胃もたれなどを引き起こしてしまうようです。

ショウガの一日の摂取量は10g程度と言われていますから、摂り過ぎには注意してほしいのです。

しかし本来生姜には胃や腸を元気にすると言われ、消化促進や食欲増進にも効果があることが分かっています。

これはショウガに含まれるジンゲロールは胃腸を刺激して、唾液や胃液、膵液などを分泌させるからなんですが、胃腸が弱っていると粘膜がダメージを受けてしまうのかもしれませんね。

特に生姜を生で食べるとジンゲロールをたくさん摂取してしまうので、胃が荒れてしまうことはあるでしょう。

なお心配なら生姜を加熱調理すると胃腸が荒れずに済みます。

ショウガは加熱するとジンゲロールという成分が変性するので、胃腸への刺激が和らぐのです。

それでも食べ過ぎなければ問題はないのですから、生姜を上手く使って健康になりましょう。

なお生姜のジンゲロールは肉や魚の臭みを消すのにも使われたりしますね。

日本人は昔魚を良く食べていたのでアレルギーにかかりにくかったようですが、魚にはオメガ3という不飽和脂肪酸が含まれているからなんです。

オメガ3はアトピーに効くそうですから、お試しください。

逆流性食道炎を防ぐ生姜の働き

逆流性食道炎って知っていますか。

最近CMでも良く耳にする言葉ですが、逆流性食道炎にお悩みなら是非生姜を食すようにしてください。

これから生姜が持つ働きについて解説していきますが、生姜は冷え性対策にも効果的な食べ物であります。

実は冷え性の人に逆流性食道炎を抱えている人が多く、原因について多くの共通点があるのです。

冷え性の人は内臓の冷えも抱えており、内臓の温度が低い傾向にあります。

当然内臓は一定の温度がないと上手く働くことが出来ません。

胃腸が上手く働かないと、食べ物の消化吸収も出来ませんから、逆流性食道炎を引き起す原因となるわけです。

なお、生姜にはジンジベインという成分が含まれておりますが、ジンジベインにはたんぱく質の分解酵素が含まれており、たんぱく質の消化吸収を助け、胃腸の機能低下をフォローします。

また逆流性食道炎は胃酸が過剰に分泌されているために起こるのですが、その結果吐き気をもよおしたり、胃がむかむかするといった症状が出てきます。

その名の通り、胃酸が逆流して、食道の粘膜を傷つけて炎症を起こしたりするわけですが、この状態が長く続くと食道癌などの発症リスクを高めることになります。

ですからまずは胃酸の過剰分泌を抑えて吐き気を止め、食道の炎症を鎮めなければなりませんが、そのために生姜が有効な働きをするのです。

生姜にはジンキベレンという成分が含まれています。

このジンキベレンは生姜の主要成分の一つで、胃を健康な状態にする作用があり、胃酸の過剰分泌を止めて、吐き気を抑える働きがあります。

そのため、二日酔いやつわりがひどいときにも生姜を摂取することで、吐き気を軽減させることが出来るのです。

ちなみに二日酔いに効くウコンにも、ジンキベレンが含まれています。

生姜はこのほかに炎症を鎮める作用もありますから、生姜を日々食すことが大切だと分かります。

しかしながら生姜を食べる機会ってそんなにありませんよね。

生姜を使った料理といえば、生姜焼きがありますが、毎日生姜焼きを食べるわけにはいきません。

そんな生姜のレパートリーが少ない方におすすめなのが「ガリ」です。

ガリを作っておいて、毎日の食卓に添えると良いでしょう。

生姜でピロリ菌を撃退!?

ピロリ菌って聞いたことありますか。

ためしてガッテンでも紹介されていましたが、ピロリ菌は胃がんや胃潰瘍の原因にもなるらしく、日本人の実に半分程度はピロリ菌に感染していると言われています。

特に中高年の大半は感染の度合いは違えど、大なり小なりピロリ菌を持っているようです。

ピロリ菌に感染しているからといって必ずしも胃癌や胃潰瘍になるわけではありませんが、胃癌や胃潰瘍になった人の胃の中には例外なくピロリ菌が存在していたようです。

人間の胃の中では胃酸が分泌され、食べ物を消化したり、細菌を撃退するなどの働きを担っています。

胃酸はとても強力で、金属をも腐食させてしまうといいます。

こんなに強力な胃酸が分泌されても胃が無事でいられるのは、胃粘膜が胃酸の攻撃から胃を守っているからなのです。

では何故ピロリ菌は胃の中で生き続けることが出来るのでしょうか。

実はピロリ菌はアルカリ性であるアンモニアを作り出すことで、胃酸を中和して自らを守っているのです。

しかし胃酸を中和してくれるのであれば、一見胃潰瘍のリスクも減るような印象を受けてしまいます。

しかし問題はピロリ菌がアンモニアを作り出す際に胃の粘膜を破壊している点にあります。

ピロリ菌がアンモニアを作れば作る程、胃の粘膜は弱っていきますし、同時に活性酸素などの毒素も発生させています。

その結果胃は自らが作り出した胃酸によってダメージを受け、胃潰瘍を患ってしまうというわけです。

このようにピロリ菌は意外と恐ろしい存在であることは何となく分かったでしょう。

現在病院ではピロリ菌の除菌をしてくれる薬も登場しているので、多少お金はかかりますが、心配であれば病院で受診してみると良いでしょう。

ただ除菌率は100%では無いようですし、下痢や腹痛など何らかの副作用を訴える方もいますので、異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

またピロリ菌退治にはショウガも一定の効果があることが分かっています。

生姜には強い殺菌効果がありますが、ピロリ菌をも死滅させる作用があるようです。

なお生姜はピロリ菌を撃退するだけではありません。

生姜に含まれるジンゲロールやショウガオールには、血流を改善する働きがありますし、抗炎症作用や抗酸化作用もあり、胃の粘膜の修復を促して胃炎や胃潰瘍の予防にも効果的であると言われています。

いずれにせよ、早め早めの対応が大切です。

ピロリ菌を侮ってはいけませんね。

ショウガに副作用はあるの?

ショウガは血管拡張作用があり、体をぽかぽか温めることで有名ですが、副作用は無いのでしょうか。

健康のために食べた生姜で体を壊してしまっては元も子もないので、食べ過ぎには注意してほしいのですが、基本的に副作用はありません。

ショウガは薬ではないので、食べないより食べた方が良いですし、多少食べ過ぎても体を害することは無いでしょう。

ただ「過ぎたるは及ばざるが如し」というように、どんな食べ物も食べ過ぎは体にとって逆効果になることはお忘れないようにしてください。

ショウガに含まれる代表的な成分はジンゲロールやショウガオールですが、血行促進、殺菌作用、免疫力強化など有用な健康効果を持っています。

ショウガを食べれば体が温まり、免疫力は高まりますし、細菌やウィルスを撃退してくれるので、病気予防にも高い効果を発揮します。

ただ中には生姜を食べない方が良いと言われている人がいるのも事実です。

一般的には高熱のある人や胃腸が弱っている人、脱水症状の人、体が火照っている人などが挙げられます。

これは生姜の持つ血行促進効果が逆に仇となってしまうからといえるでしょう。

また生姜は胃腸を刺激して消化液などの分泌を促し、消化を促進する働きがあります。

しかし一方で胃腸が弱っていると粘膜を刺激して、胃もたれや下痢といった症状を引き起こす可能性もゼロではありません。

とはいえ体調に不安が無ければこのような副作用が出るケースはあまりありませんから、体質的に合わない場合はさておき、食べ過ぎなければ問題は無いと思います。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*