ハウスダストやアレルギー対策の布団の選び方

パジャマ
Pocket

アレルギーの人の布団の選び方

アレルギーをお持ちの方は、布団を選ぶ際も慎重になってしまいますね。

ウールや羽毛など、天然素材にアレルギーをもっている人は、化学繊維を使った布団を使うことが多いと思います。

 

しかしながら化学繊維の布団を使っているからといって、油断はできません。

化学繊維自体にアレルギーをもっている人もいるでしょうし、ダニやカビ、花粉、埃といったハウスダストに反応してしまうこともあるでしょう。

 

ではアレルギーが心配な人はどんな布団を使えばよいでしょうか。

丸洗いできる布団がおすすめ

ウールや羽毛といった天然繊維にアレルギーを持っているなら、そのような素材を使っていない布団を選ぶことはもちろん必要です。

しかしそれだけでは、不十分といわざるを得ません。

 

毎日使う布団ですから、アレルギーの症状を発生させない、あるいは悪化させないためには、布団は清潔にしておくことが大切です。

特にアレルギーの天敵とされるダニやカビの住処にならないためには、布団を清潔にしておかなければなりません。

 

とはいえ、常に布団を清潔にできていればよいのですが、布団は簡単に洗うことができません。

ですから、できれば丸洗いできる布団であれば、清潔さを保ちやすいですね。

 

 

ダニが繁殖しにくい布団とは

また、ダニが寄り付きにくい、ダニの侵入や繁殖を防ぐことのできる布団を選ぶのも一つの手でしょう。

よく布団に使われている素材には、綿の他に、ポリエステルやアクリルなどの化学繊維、羊毛や羽毛などが多いでしょう。

 

一般的にアレルギーをもっている人は、綿や化学繊維の布団を使った方が良いといわれています。

羊毛や羽毛は布団の素材として優秀な機能をもっていますが、アレルギーを感じやすい人が多いので、あまりこれらの素材を使った布団は推奨されていません。

 

また羊毛や羽毛もダニを寄せ付けやすく、湿気は溜め込みにくいですが、手入れをさぼれば、ダニが繁殖してしまうでしょう。

では綿布団はどうかといえば、綿自体汗や湿気をよく吸いますが、湿気をため込みやすいため、こちらもダニやカビが繁殖しやすいというデメリットがあります。

 

こまめに洗濯したり、干すことができればよいのですが、こまめなお手入れは正直難しい人が多いでしょう。

また敷布団ならまだしも、綿の掛け布団などは重いため、体に掛けていると寝苦しいと感じたり、スムーズな寝返りを妨げてしまうかもしれません。

化学繊維の布団のメリットとデメリット

では化学繊維の布団はどうかというと、やはりアレルギーが心配な人には化学繊維の布団が基本的にはおすすめです。

化学繊維を使った布団は撥水性があって水に強く、耐久性が高く縮みにくいため、洗濯しやすいというメリットがあります。

 

布団を清潔に保つためには、洗濯できる、ウォッシャブルであるというのは、非常にポイントが高いです。

また湿気をため込みにくく、カラッとしているため、ダニやカビが繁殖しにくいというのもアレルギーの人に向いているといえます。

布団の機能としても、弾力があって軽い化学繊維の布団は寝心地が悪くありません。

 

こちらのSNフレッシュPROという布団は、ハウスダストなどの働きを軽減でき、バクテリアなどの雑菌の繁殖を抑える加工が施されています。

人体に有害な物質も使用していないため、糸切れしにくく、中綿も吹き出しにくいような工夫がなされています。

アレルギーをお持ちの人や、小さなお子さんから高齢者まで安心して使うことができるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ化学繊維の欠点を挙げるとすれば、天然繊維に比べ、帯電性があって静電気を帯びやすく、埃を吸い寄せやすいのはデメリットかもしれません。

また化学繊維が肌に触れることで、アトピーなどの皮膚病が発生するという人もいるので、すべての人に良いというわけではありません。

 

化学繊維の布団は使えないが、羊毛や羽毛の布団でも問題なく使えるという人もいるので、あくまで参考程度にしておいてください。

どちらの素材の布団を使うにせよ、共通しているアレルギーやハウスダスト対策は、布団を清潔にしておくことです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*