冷え性や耳鳴り改善におすすめ!酢玉ねぎの作り方

玉ねぎ
Pocket

玉ねぎを食べると耳鳴りが治る?

玉ねぎは高血圧や糖尿病の予防、改善に食べものの一つですが、耳鳴りの改善にも効果を発揮するのをご存じですか。

そもそも耳鳴りはどうして起こるのでしょうか。

耳鳴りはなんらかの原因で自分にしか聞こえない特定の音が耳から離れなくなる症状を言い、慢性的に耳鳴りが起こる、耳鳴りが治らないという人は何らかの病気を抱えている可能性もあります。

ひどい場合は脳に腫瘍が出来ていたり、脳の血管に何等かの異常が起きている可能性もゼロではありません。

この特定の音も人によってさまざまで、「キーン」という音や「ザー」という放送を終えた後のテレビの砂嵐のような音、「ゴー」という風が吹いているときのような音が聞こえる人もいます。

耳鳴りがする原因はいまだ不明な点も多いのですが、その内に自然と治ってしまうこともあります。

しかし耳鳴りが慢性的に続くと非常に大きなストレスを感じるようになります。

耳元でずーっと蚊が飛んでいる羽音がしているとしたら、ストレスですし、気がおかしくなりそうですね。

耳鳴りが続くことで、めまいや頭痛を併発してしまったり、耳が聞こえなくなってしまう人もいます。

ですから耳鳴りが続く場合は一度耳鼻咽喉科などで診てもらった方が良いかもしれません。

原因である病気が改善すれば、自然と耳鳴りが消えることもあります。

なお多くの場合、動脈硬化や高血圧など血管系の疾患を抱えているために耳鳴りを併発することがあるようです。

ですから玉ねぎを食べることで血栓を溶かして血液をサラサラにしたり、血圧を降下させることで、耳鳴りを予防し、既に起きてしまった耳鳴りを鎮めることが出来るのです。

玉ねぎはそのまま食べても良いのですが、さらに効果を実感するには「酢玉ねぎ」にすると良いでしょう。

お酢にも血管を拡張して血液の流れを良くする効果がありますから、酢と玉ねぎを合わせることで血液サラサラ効果がアップするというわけです。

酢玉ねぎの作り方は簡単で、玉ねぎを刻んでビンにいれ、お酢を入れて蓋をし、冷蔵庫などで1週間程保管すれば完成です。

お酒のつまみにもなりますし、毎日食べる習慣を付ければドロドロの血液がサラサラになると思いますよ。

冷え性改善に酢タマネギがおすすめ

冷え性に悩む女性って意外と多いですよね。

温かい食べ物を食べたり、靴下を履いて寝たり、色々と冷え性対策をしているのではないでしょうか。

しかしきちんとした知識を持っておかないと、冷え性は治るどころか悪化する一方です。

頑固な冷えを治すためには血流を改善するのが一番の特効薬です。

血流改善には血液サラサラ成分豊富な玉ねぎを食べると良いでしょう。

タマネギは温熱性の野菜の一種で、ニラやにんにく、人参などと同様、体を温める作用に優れています。

冷え性改善には生姜が効くようですが、生姜も体を温める食べ物の一つです。

タマネギに含まれる硫化アリルという成分は血中の悪玉コレステロールを分解してくれますから、血栓が出来にくく、血液がサラサラになるというわけです。

このようにタマネギだけでも十分冷え性対策になりますが、さらに冷え性改善におすすめなのが今回ご紹介する「酢玉ねぎ」なのです。

酢タマネギの作り方は簡単で、スライスした玉ねぎを沸騰したお酢の入った鍋に入れて、3分程煮込むだけです。

ちなみに煮込まずに酢に数日漬けておくだけでもOKです。

酢玉ねぎの保管の仕方は保存の効くビンなどに入れて冷蔵庫で保管します。

酢玉ねぎは割と保管の効く食べ物なので、冷蔵庫に入れておけば2週間程度は持つと思います。

一部ではお酢は体を冷やすと言われていますが、お酢には血液をサラサラにしたり、血管を拡張する作用があるので、血流が改善し、結果的には体を温めるようです。

お酢は他にも疲労回復や脂肪燃焼にも効果を発揮するようですから、酢玉ねぎを作り置きしてサラダ代わりに食卓に出してみてはいかがですか。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*