ごぼう茶を飲むタイミングとアレンジ法

ごぼう
Pocket

ごぼう茶はいつ飲んだらよいの?

ダイエットのために始めたごぼう茶、私はいつでも気が向いたときに飲んでいます。

ごぼう茶はノンカフェインなので、喉が渇いたり、食事の最中などジュースやお水代わりに飲めます。

ただ安心な健康飲料なのですが、人によっては胃痛や腹痛、下痢になる人もいるみたいです。

これは体質によるのだと思います。

副作用の心配がない人は問題がないのですが、心配な人は飲み過ぎなければ問題ないと思います。

なおより効果的にごぼう茶を飲みたいという人や朝起きた時や就寝前に飲むと有効みたいです。

起床時は胃の中も空っぽなので、豊富な栄養を吸収しやすいですし、頭も冴えます。

ホットにして飲めば体も温まりますよ。

これまで缶コーヒーを飲んでいましたが、ごぼう茶はカフェインが入っていないのに集中力が出て、仕事や勉強にも取り組みやすくなります。

また寝る前に飲むと温かいごぼう茶を飲むと血行がよくなって熟睡できるので、疲労回復やリラックス効果が見込めます。

ただ個人的にはいつ飲んでもよいと思います。

タイミングは人それぞれ違ってもよいと思います。

ごぼう茶の体験談

一昨年くらいからごぼう茶が話題となり、お茶好きの私も飲むようになりました。

元々ごぼう自体が食物繊維も豊富ですし、健康に良い食べ物であるというところで、お茶として飲むことで効率よく栄養分が摂取できるというわけです。

私がごぼうのお茶で最も期待しているのは「若返り効果」です。

ごぼう茶の中には豆乳やあずきにも含まれている「サポニン」という成分が含まれているそうなのです。

これが体内のコレステロールを分解して排泄を促してくれるらしく、他にも肥満や動脈硬化、アンチエイジングにも効果が期待されているのだそうです。

それだけではなくミネラルの成分により利尿作用があるため、むくみにも良いそうです。

私はこのごぼう茶をティバッグで飲んでいました、近くのスーパーで売っている500円前後のものです。

煮出して作るのはちょっと面倒だったので、水筒にお湯とティバッグを入れて外出時に持ち歩いていました。

味はそれほどごぼうらしい感じはしません。

意外とクセもないので飲みやすいなと思いましたが、夫は「ごぼうの味がする!」と言って喜んで飲んでいたので、感じ方はひとそれぞれのようです。

飲んでみてどうだったかというと、若返ったかどうかは正直わからないですね・・・。

ですが、体がポカポカあたたまる感じがしました。それからお通じも改善したと思います、きっと食物繊維のおかげだと思います。

お通じも改善すると肌の調子も良くなりますし、体の循環も良くなるはずなのでやはり若返っていると言っても良いのかもしれませんね。

最近、購入した分がなくなったので、ふと「自分で作れないかな?」と思いごぼう茶づくりに挑戦してみました。

ごぼうを細かめに切ってフライパンで炒ったものを急須で煎じて飲んでみたのです。

ごぼうは皮や皮周辺に栄養があると聞いたことがあるので、皮ごと使ってみました。

作ってみると、色はまさにごぼう茶の色でしたが、味は・・・やはり市販の物の方がおいしかったと思います。

でも食材が余った時には無駄にしなくてよい方法だと思います。

ミキサーを使うと、もっと成分が効果的に抽出できるかもしれないと思います。

ちなみに、友人はごぼう茶にコーヒー用のミルクポーションをいれて飲むのだそうです。

味はちょっと想像できません、試す気もありませんが・・・ごぼうの味が苦手と言う方には良いかもしれません。

これからも夫婦で飲み続けたいと思います。

ちなみにうちのワンちゃんにもごぼう茶を与えています。

犬がごぼうを食べても大丈夫なのですね。

犬のウンチが臭いと長生きできないと言いますから、ごぼうを与えてお腹をきれいにしましょう。

ただ与えすぎると繊維質が腸に詰まってしまうので注意が必要です。

ごぼう茶を飽きずに続けられるアレンジ法

ごぼう茶にはリンやカリウムなどのミネラルや、ポリフェノールの一種のサボニンが豊富に含まれていて、アンチエイジングやダイエットに効果が期待できると女性の間で人気になっていますね。

ごぼう茶の作り方は簡単で、土を落としたごぼうをスライサーやピーラーなどで薄くスライスしザルなどに広げて天日干し。

天日干ししたものをフライパンなどでから煎りして、ティーポットなどで好みの濃さに入れるだけと手軽です。

リンやカリウムなどのミネラル分の利尿作用がでむくみの解消にもなるし、サボニンの老化防止効果といいとこ尽くめのごぼう茶ですが、継続するのは難しいですよね。

飽きてしまったり、忘れてしまったりで、せっかくの効果も期待できなくなってしまいます。

そこで飽きずに美味しく続けられるようにアレンジしてみました。

ごぼうの旨味が凝縮されているので、人参や大根などの野菜を入れて少しお醤油をたらすかひとつまみのお塩を加えると美味しいスープになります。

生姜のすりおろしを加えると、体もぽかぽか温まるのでおすすめです。

豆乳を加えてポタージ風にしたり、たっぷりの野菜と豚肉を入れた具沢山の豚汁の出汁代わりに使ってもとっても美味しいですよ。

またごぼう茶を入れたあとの出がらしは、そのまま捨ててしまったらもったいない。

細かく刻んで炊き込みごはんの具材にしたり、刻んだタマネギと一緒にマヨネーズで合えれば和風タルタルソースの完成です。

ごぼう茶の成分は薬のように即効性はないので、様々なアレンジで美容と健康のために続けたいですね。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*