逆流性食道炎が長引く前にごぼう茶を飲む

牛蒡
Pocket

逆流性食道炎の症状とリスク

ご飯を食べた後は胸焼けがする、胃もたれがする、ゲップが頻発するなどのお悩みをお持ちの方、もしかしたら逆流性食道炎ではありませんか。

飲み過ぎたときに食べたものを戻すと酸っぱい味がしたり、食道がひりひりする感覚になりませんか。

逆流性食道炎は実際にゲロとして口から出てはきませんが、胃から食べ物や飲み物、胃液そのものが食道まで逆流する症状です。

昔は高齢者に多い症状でしたが、最近では若者の間でも逆流性食道炎にかかる人が増えています。

胃液は食べ物を溶かすため、強い酸性なのですが、食道は胃液に耐えられるような粘膜を持っていません。

そのため度々逆流性食道炎になると、食道の粘膜が炎症を起こしたり、ただれて潰瘍が出来ることもあります。

高齢者に逆流性食道炎が多いのは、加齢とともに下部食道括約筋と呼ばれる筋力が弱くなるためで、胃液が逆流するのを抑えられなくなるためです。

ですからある程度高齢者になると逆流性食道炎になるのは仕方ないのですが、問題は若者の間でも流行してしまっていることです。

女性に多い原因が便秘なのですが、便秘によってお腹が張っている状態が続くと、腸が胃に対して圧力をかけてしまい、食べものや胃液が逆流してしまいます。

男性の場合は、単純に高カロリーな食事や脂分の多い食事を食べることが原因になっていることが多いです。

たんぱく質が多い食べ物や脂肪が多い食べ物を消化するために胃酸が大量に分泌されますし、コレシストキニンと呼ばれる消化管ホルモンを分泌させるため、下部食道括約筋が緩んでしまい、逆流性食道炎になるのです。

聞いたことがあると思いますが、逆流性食道炎は食道癌の温床にもなり得ますから、早期に解消した方が良い症状といえます。

逆流性食道炎にごぼう茶がおすすめ?

さてそんな逆流性食道炎を防ぐのに、ごぼう茶が活躍してくれます。

ごぼう茶のサポニンは体内の余分な脂肪や悪玉コレステロールを自らに吸着させて、一緒に体外に排出されます。

そのため脂肪分の多い食べ物の消化も助けてくれますし、胃酸の過剰分泌を抑えて逆流性食道炎を防ぎます。

またごぼう茶を飲んでみれば分かりますが、お通じが大変良くなります。

先ほど便秘が逆流性食道炎の原因になると言いましたが、イヌリンという食物繊維が便秘を解消してくれるので、腸が胃を圧迫することも無くなります。

また余談ですが、背中が丸い人も逆流性食道炎になりやすいようです。

普段から姿勢が悪い人は背筋を伸ばすことを意識すると良いでしょう。

もちろん逆流性食道炎は病院で診てもらうことも出来ます。

ごぼう茶を飲み始めてもすぐに治るというわけではありませんから、即効性を求めるなら薬を処方してもらうのが一番ではあります。

ごぼう茶はあくまで予防策、体質改善のために継続しなければ意味はありません。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*