手作りごぼう茶で簡単ダイエットに成功

ダイエット
Pocket

ごぼう茶でダイエットに成功

ダイエットをしてスリムな体を手に入れるのは女性の永遠の憧れです。

かといって断食や激しい運動をして一時的に痩せても長続きしませんし、何よりリバウンドするのがオチです。

無理しないで続けられるダイエット法があれば、誰もが成功できるのだと思います。

テレビやインターネットで南雲先生のことを知って始めたごぼう茶、これが私にはぴったりでした。

食事でカロリーを制限することは大切ですが、どうしても必要な栄養が不足してしまったり、栄養バランスが悪く、体を壊してしまう恐れもあります。

ごぼうは古くから日本や韓国で愛用されている食品ですが、不溶性や水溶性の食物繊維が豊富で、ダイエットに効果的なのです。

ごぼうを毎日の食事に取り入れてもよいのですが、調理が手間でなかなか長続きしません。

市販のごぼう茶であれば、すでに茶葉になっているので手間無く続けられます。

私がごぼう茶を選ぶ基準としているのは国産、無農薬です。

ごぼう茶は皮ごと焙煎しているので、海外品だと農薬が含まれているのが怖かったのです。

ごぼう茶を続けているおかげで便秘がちな女性でもお通じが悪いことに悩むことはありません。

またサポニンが生活習慣病予防にも一役かってくれています。

美容にもよいごぼう茶で美しくダイエットに成功できました。

毎日続けているので、リバウンドも今のところしていません。

手作りごぼう茶は健康的で経済的

テレビやメディアでも取り上げられるごぼう茶。

その成分であるクロロゲンにはポリフェノ―ル同様の抗酸化作用、イヌリンには利尿作用、サポリンには腸内のコレステロール分解作用、また食物繊維が豊富で便秘解消にも効果ありとのことで、ごぼう茶の健康へのよい効能も当然流行の理由です。

特に有名なアンチエイジングの広告塔ともいえる存在のお医者さんが自らの健康法として愛飲しているとのことを紹介してからはそのブームが加速したようです。

我が家でもその作り方を見て簡単であることと材料のごぼうで安価であるということで作ってみました。

作り方はいたって簡単です。

まずごぼうの土を亀の子たわしでしっかり落としてからそぎ切りにします。

次に通常食する場合はアク抜きのため水にさらしますが、ごぼう茶ではしません。

なぜなら水にさらすとせっかくのクロロゲンなどの抗酸化作用のある成分が溶け出してしまい効果が減ってしまうからです。

そして半日天日にさらし、もしくはフライパンで軽く5分から10分ほど炒ってから、それを急須にいれお湯を注いでしばらくまてばごぼう茶の完成です。

ごぼう茶の色は皮の土色とは異なりきれいな色です。

黄金色とは言いませんが、茶褐色より黄色に近い色なのでほとんど抵抗なく飲めると思います。

ちなみにごぼうを食べるのは日本人だけで、もともとユーラシアに自生していたものが中国に伝わり、中国では食用ではなくあくまで薬草の一種として利用されていたそうです。

ごぼうの選び方

ごぼう茶でエイジングケアやダイエットを試みようと言う方、良いごぼうの選び方をご存知ですか。

健康のことを考えるなら旬の時期に買うのが良いですが、四季折々ごぼうの味は変化します。

春ごぼうは香りが良いのが特徴です。

そのため香り高いごぼう茶が出来あがります。

また夏ごぼうはあっさり、さっぱりな味、そして冬ごぼうはなんともうまみが深く味わいがあります。

人それぞれだと思いますが、個人的には冬ごぼうが大好きです。

スーパーに行った際にごぼうを選ぶポイントとしては、泥つきのものがおすすめです。

実はごぼうは洗ってしまうと、鮮度が早い段階で落ちてしまいます。

それから傷の少ないもの、ひげ根が少ないものを選ぶとよいでしょう。

ごぼう茶にする際には皮ごと焙煎、加工すると、ごぼうのサポニン成分を余すところなく摂取できるので、農薬を使っていない産地のものが安心して飲むことが出来ます。

皮を剥くという人はあまり気にならないかもしれませんが、国産、無農薬が基本です。

スーパーで生産者が顔だしで紹介しているものがよいでしょう。

さてよいごぼうを選んだとして、どのようにごぼう茶を作ったらよいか迷うところです。

基本的には皮ごとピーラ―を使って細切りにしてください。

そのため、軽く水洗いする程度にして、汚れが気になる人はタワシを使うとよいでしょう。

またごぼう茶が青くなるという人は煎るときにしっかり煙が出るくらい煎るとよいですよ。

それからダイエットには最近酵素ドリンクも注目を浴びています。

酵素ドリンクの選び方はこちらをご覧ください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*