腸内環境を整えるごぼう茶の効果効能

くしゃみ
Pocket

腸内環境を整えて免疫力アップ

最近おならが臭う、お肌が荒れやすい、風邪を引きやすくなったという方は腸内環境が乱れているかもしれません。

腸内には免疫細胞が集中していますから、腸内環境を整えると免疫力が上がるとされています。

さらにおならが臭いのは動物性たんぱく質の摂り過ぎが原因かもしれません。

イモ類を食べるとおならが出ますが、あまり臭いはしません。

炭水化物を食べてもあまりおならは臭くならないのです。

また腸内環境が正常化されると、おならの臭いも消え、体臭や肌荒れといった悩みも解決するかもしれません。

腸内環境を整えるには、善玉菌の数を増やすことが大切です。

悪玉菌が増えると、腸内で有毒なガスを出したり、便秘を引き起こすようになります。

食物繊維は悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を繁殖させます。

総体的に腸内細菌の数は決まっているので、悪玉菌が減れば善玉菌が増えるのです。

ごぼうには食物繊維が豊富です。

ごぼう茶を毎日飲んでいると、おならに匂い、体臭が気にならなくなります。

またヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品も有効です。

特に植物性乳酸菌である発酵食品は生きたまま腸まで届くので、効果が高いでしょう。

さらに精製された上白糖は腸内環境を悪化させるので、善玉菌のエサとなるオリゴ糖などが腸内環境を整えるには良いとされています。

ごぼうにはオリゴ糖も含まれているので、非常に効果的な野菜といえるでしょう。

アレルギーも改善!?

ごぼう茶によってアレルギーが出ることはあるかと聞かれると、絶対にないとは言えません。

ごぼうもキク科の植物ですから、息苦しさや蕁麻疹といったアレルギー反応の出る可能性は低いとはいえ、ゼロではありません。

ただしごぼうに深刻な副作用はないと思います。

一方でごぼう茶を飲み続けることで、アトピーや喘息、花粉症などのアレルギー症状が緩和したという方もいるようです。

アレルギーというものは、完全に治癒することは難しいものです。

そのため、症状が出ないようにしたり、和らげたりすることで乗り切るしかありません。

花粉症にべにふうき茶が効くそうですが、アレルギーにお茶は確かに効果があります。

またごぼう茶にはサポニンが含まれていますから、抗酸化作用の他、抗アレルギー作用、抗炎症作用があるとされています。

即効性はありませんが、飲み続けることで少しずつ体質が改善していくことでしょう。

またアレルギー性疾患というのは、免疫力の異常が原因とされています。

生活習慣にも気を付けて、免疫力を付ければ症状は大分楽になると思います。

ごぼう茶で喘息の症状が改善したという方もいるようですが、喘息を自分で治す方法についてはこちらもご覧ください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*