突然ぎっくり腰になったときの対処法

うつぶせ寝
Pocket

ぎっくり腰とは

重いものを持ち上げたときに突然腰に電流が走る、そんな経験がありませんか。

ひどいときはそのまま動けなくなって崩れ落ちたという人もいるでしょう。

そう、いわゆるぎっくり腰のことです。

ぎっくり腰になったことがある人はわかるでしょうが、立ち上がって歩くことはもちろんできません。

寝たままの姿勢を変えることもできず、トイレにも行けない、これがぎっくり腰です。

ぎっくり腰になってしまってからでは遅いですが、適切に対処することで早期に良くなる可能性もあります。

ぎっくり腰になったら動かない

では突然ぎっくり腰になったら、どんな対処法があるのでしょう。

まずぎっくり腰になったら、痛みが一番少ない姿勢を見つけ、しばらくそのままの姿勢でいることです。

一般的には膝を曲げて仰向けで寝るか、横向きで体を丸めるようにして寝るのが、痛みも少ない姿勢だといわれています。

しばらくすれば動ける程度まで痛みが和らぐはずですので、しばらく我慢です。

その後、痛みが徐々に治まってきたら、少しずつ動き出します。

まずは腰を使わずに動かせる場所、例えば手首や足首などから動かしていきます。

そして動くときは急に立ち上がらず、ハイハイの姿勢で四つん這いになって移動するようにします。

ハイハイで移動すれば腰の痛みも少ないためですが、痛みがある場合は無理に動かないことです。

お風呂は入っても良い?

またぎっくり腰になるとお風呂に入って良いのか、腰は温めた方が良いのは冷やした方が良いのでしょうか。

ぎっくり腰になっても、お風呂に入った方が良いでしょう。

ただ熱いお風呂は避け、40度以下のぬるま湯に10分程度浸かるようにしましょう。

お風呂に入ることで血流が良くなり、ぎっくり腰が治るのが早くなる可能性があります。

基本的にぎっくり腰は腰椎部分の捻挫のようなもので、冷やした方が良いといわれます。

しかしかといってお風呂に入ってはいけないというわけでもありません。

冷やしすぎることで血流が悪くなるのも、ぎっくり腰が治るのを遅らせる可能性があります。

動けるようになったら病院へ

さて、外出できるくらいにぎっくり腰が改善したら、今度は接骨院に行くなどして腰のゆがみを直したり、筋肉をほぐしてもらいます。

ご自宅で自分でストレッチを行っても良いですが、やはりプロの手に頼った方が治るのも早いでしょう。

ただし本当はぎっくり腰でない、他の病気であるという可能性もあります。

その場合は、接骨院に行く前に病院の整形外科で診てもらった方が良いかもしれません。

なお一度ぎっくり腰になると、再び再発する可能性があります。

ですので、普段から血行を良くし、腰回りの筋肉が硬くならないよう、ほぐしておくようにしてください。

ぎっくり腰になったからといって、ずっと安静にして、動かずに過ごしているのも良くはありません。

余計に筋肉が固まって、痛みが取れなくなる、ぎっくり腰が長引く、という可能性があるからです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*