電気毛布のつけっぱなしはタイマー付きで解決

毛布
Pocket

電気毛布のつけっぱなしが良くない理由

昨今は住宅の断熱性が上がっているため、昔に比べ家の中が暖かい気がします。

乾燥するし、電気代がかかるため、暖房を付けないという人もいるかもしれませんし、布団も羽毛布団1枚で寝るという人もいるかもしれませんね。

しかし冬になると電気毛布を使わないと、寒くて眠れないという人もいるでしょう。

特に冷え性の女性や一戸建てにお住まいの方など、電気毛布を敷いたり、くるまって寝てはいませんか。

電気毛布は体に悪いという人もいますが、暖かさは抜群ですし、寒さには勝てませんね。

ただやはり電気毛布をつけっぱなしで寝るのはよいとはいえません。

つけっぱなしを解決するにはやはりタイマー付きの電気毛布を活用すると良いでしょう。

電気毛布が睡眠に与える影響

なぜ電気毛布のつけっぱなしが良くないのでしょうか。

電気代がかかる、火事が心配という問題もありますが、やはり一番は体への影響ではないでしょうか。

というのも電気毛布をつけっぱなしで寝ると、体温調節がうまくいかずに熟睡できない恐れがあるのです。

通常人間は体温が下がることで眠くなるといわれます。

しかし電気毛布を使っていると、うまく体温が下がらないので、深い睡眠に入れない、つまり熟睡できない可能性があるのです。

熟睡できないということは、睡眠の質が低いということなので、脳や体の疲労が回復できていなかったり、ちゃんと寝ているのに日中眠気に襲われる、日中の活動に影響が出るということになります。

体が疲れやすいだけでなく、脳がうまく働かなくて勉強や仕事の調子が出ないということもあるでしょう。

また、精神的にも悪い影響が出て、怒りっぽくなったり、ひどく落ち込んだり、鬱になる可能性だってあるのです。

それだけではありません。

電気毛布を使っていると、体の中の水分が不足して脱水症状になったり、血がどろどろになって動脈硬化を引き起こす恐れも懸念されています。

タイマー付き電気毛布でつけっぱなしを避ける

もちろんこれらは最悪を想定した場合のリスクではありますが、電気毛布のつけっぱなしは極力避けた方が良いでしょう。

寝てしまった後は自分で電源を切るのは一人では不可能でしょうから、勝手に電源が切れるタイマー付きの電気毛布を使ってみてはいかがでしょうか。

タイマー付き電気毛布であれば、切り忘れても自動で電源が切れ、寝ている間は普通の毛布として活躍してくれます。

体が温まりすぎる心配もありませんし、電気代の節約や火事の心配もしなくて済みます。

冬は寒くて布団に入るのが億劫という人もいるでしょうが、寝る30分くらい前から電気毛布の電源を入れ、2時間後に電源が切れるよう、タイマーをセットしておけばよいわけです。

しかしそれでは明け方が寒くて起きられないという人もいるでしょう。

早めに起きて電源を入れて、しばらくぬくぬくしてから布団から出るという方法もありますが、あまり現実的ではありませんね。

そんな悩みを解決してくれる電気毛布がこちらのヒートクラッカーという電気毛布です。

 

こちらの毛布のすごいところは、眠っている間は電源が切れ、起きるときにまた電源が入ってくれるという画期的なタイマーがついているところです。

つまり寝るときは暖かく、寝ているときは熟睡を妨げず、そして明け方は暖かく起床できるというわけです。

もちろん洗濯機で洗えますし、電源を切り忘れても自動で電源が切れる電源OFF機能もついています。

フランネル生地で肌当たりが柔らかく、中に入っているワイヤーも気になりません。

電気毛布もここまで進化したかと感銘を受けました。

こちらは掛け敷き兼用の電気毛布ですが、敷き専用の電気毛布もあります。

 

電気毛布は確かに暖かいですが、やはり体にいいはずの睡眠を妨げるものではあってはなりません。

上手に電気毛布と付き合っていくためにも、やはり良い商品を選ぶことは必要ですね。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*