コラーゲンをそのまま摂取しても効果がない?

美肌
Pocket

コラーゲンを摂取しても意味がない?

「コラーゲンを食べてお肌ぷるぷる」と良く言われますね。

美容のためにせっせとコラーゲン摂取に励んでいる方も少なくないはずです。

確かにコラーゲンを摂るようになってからお肌のハリが出たという実体験をお持ちの方は多いようです。

しかしながら中にはコラーゲンを摂取しても意味がないという意見も多々聞かれますが、実際のところはどうなのでしょうか。

コラーゲンとは

コラーゲンは美肌に良い、関節に良いといいますが、そもそもコラーゲンとは何でしょうか。

コラーゲンは一言で言えば、たんぱく質です。

たんぱく質は体を構成している成分ですが、コラーゲンは皮膚や骨を構成している成分であり、そのほかにも内臓や血管にもコラーゲンは含まれています。

コラーゲンが人間の体にとって大事な成分であることは間違いありませんが、コラーゲンを食べればそのまま皮膚や骨になるかといえば、甚だ疑問が残ります。

若い女子が美肌のためにせっせとコラーゲンを摂取していますが、その効果に関しては未だ研究段階にあります。

そもそもコラーゲンもたんぱく質なので、体内に入れば消化酵素によってアミノ酸に分解されてしまいます。

コラーゲンの分子は非常に大きいので、そのままでは体内に吸収されないのですね。

では低分子コラーゲンはどうかといえば、確かに消化吸収はしやすいのですが、こちらも消化吸収の過程で分解されることは間違いないでしょう。

ではコラーゲンを摂取しても全く意味がないのかといえば、そういうわけでもありません。

少なくともコラーゲンに含まれるヒドロキシプロリンという成分を摂取できるので、コラーゲンの生成に役立ってくれるはずです。

とはいえ1日2日摂取しただけで効果が出るわけではありません。

ですから長期に渡ってコラーゲンの摂取を続けることが重要なのですね。

またコラーゲンの生成には酵素が必要ですが、合わせて酵素ドリンクを飲むとコラーゲンの分解、吸収を助けてくれます。

酵素ダイエットにはアンチエイジング効果もあるのです。

コラーゲンが不足すると

コラーゲンの効果はご存じの方も多いと思いますが、美肌、アンチエイジング、骨や関節の強化などが挙げられますね。

コラーゲンは体を構成する重要なたんぱく質の一種で、人間の体のおよそ30%はコラーゲンで出来ていると言います。

皮膚だけでなく、骨や臓器、血管も構成しています。

コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在し、細胞がバラバラにならないよう繋ぎとめる役割を担っています。

ですからコラーゲンが不足すると皮膚がたるんでシミやシワが出来たり、水分が蒸発してお肌が乾燥してしまいます。

またコラーゲンの不足は骨や関節にも影響を及ぼします。

コラーゲンが不足すると軟骨が減少してしまうので、骨同士が擦れて関節痛を引き起こします。

さらには骨自体も弱くしてしまいますので、骨粗鬆症のリスクも高めます。

関節痛にはグルコサミンやヒアルロン酸、骨粗鬆症にはカルシウムと多くの人がまず思い浮かべますが、コラーゲンも大事な役割を果たしているわけです。

もちろんカルシウムの摂取も大切なのですが、カルシウムを摂っただけでは骨は丈夫にならないのです。

他にもコラーゲンは目や歯、爪にも存在していますから、不足すると目や歯、爪の病気も引き起こしやすくなります。

また血管の病気もコラーゲンの不足が関わっていることが考えられます。

このようにコラーゲンは美肌だけでなく、健康にも高い効果を発揮してくれているわけです。

ではコラーゲンが不足しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

コラーゲンはたんぱく質ですから、たんぱく質を摂取していないと当然コラーゲンは合成されません。

またビタミンCもコラーゲンを生成する酵素の働きを強めると言われていますから、一緒に摂取した方が良いのです。

コラーゲンを摂取しても意味がない?

コラーゲンが美肌に意味があるのか、ないのかという話をする前に、まず役割について考えてみましょう。

コラーゲンは簡単に言えばたんぱく質の一種です。

コラーゲンは細胞と細胞の間に存在し、細胞同士をつなぐ役割を持っています。

皮膚だけでなく、関節や血管、内臓にも存在しているのですが、コラーゲン量が少なくなるとお肌のハリが無くなって目に見えて老化が進んだり、血管や関節が硬くなって病気や怪我をしやすくなります。

ではコラーゲンを摂取しても意味がないと言われるのは何故か、理由はこうです。

コラーゲンはたんぱく質の一種ですから、いくら経口摂取しても消化されてアミノ酸に分解されてしまうと言います。

ですからたんぱく質の形で摂取しても結果は同じ、そのまま体内でコラーゲンになるわけではないということです。

そもそもコラーゲンという分子はとても大きいので、そのまま体内に吸収されることは無いのです。

もちろん体内でコラーゲンが生成されるにはたんぱく質の摂取は必要です。

しかしながらたくさん摂取したからお肌がぷるぷるになるというわけではなさそうです。

ただ最近ではコラーゲンの美肌効果について肯定的な意見も出てきています。

コラーゲンにはヒドロキシプロリンという成分が含まれており、体内でのコラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促していることが分かってきました。

であるとすると、経口摂取しても無意味という意見も疑わしくなってきましたね。

実際に効果があるかどうかは周りの意見に流されるのではなく、ご自身で試してみるのが一番かもしれません。

ただコラーゲンの生成には質の高い睡眠を摂ることは不可欠です。

こちらに快眠の美容効果について書かれていますが、睡眠こそ天然の美容液であるそうです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*