ストレスがアトピーを悪化させる?

アトピー
Pocket

アトピーとストレスの関係

アトピーはストレスなどの心理的要因によって、発症することはありません。

しかしすでにアトピーである場合にアトピーを悪化させる原因になります。

食べ物やダニ、ホコリ、カビなどのハウスダストがアトピーを発症させる原因であることは間違いありません。

ですからこの物理的要因と心理的要因どちらも対処が必要になります。

 

しかし心理的要因は、人それぞれ異なりますが、共通しているのは不安や緊張を感じたときと考えられます。

つまりストレスということです。

人間の体内にある副腎からはさまざまなホルモンが分泌されています。

この副腎ホルモンによって、体の働きのバランスを保っているわけですが、ストレスによって副腎の機能が低下すると、ホルモン分泌のバランスが崩れ、アトピーなどのアレルギー反応を起こしやすくなるのです。

 

次に、自律神経の働きにも影響を与えます。

自律神経は交感神経と副交感神経がバランス良く機能している場合、体は正常に保たれます。

 

しかし、ストレスなどの不安や緊張を感じるとバランスが乱れ、アレルギー反応を起こしやすくなります。

アトピーは皮膚の湿疹や異常なかゆみを伴いますから、当然苛立ちや不安、焦りを感じ、自律神経に作用して発汗を促し、かゆみをさらに促します。

 

ストレスを溜めるとあらゆる病気を発症します!!

家庭内や職場でのストレスを感じないためには、あまり考えすぎないことです。

 

周りの理解が得られるのであれば、援助も必要です。

自分の好きなことをしたり、リラックスしてゆっくり休むことも大切です。

 

睡眠不足はストレスをうまく解消することが出来ません。

良い睡眠をとるには、睡眠の質を高めることが大切です。

 

睡眠の質を高めるには、

 

  1. ぬるめのお湯にゆっくり浸かる
  2. 生活のリズムを作る
  3. 寝る前にカフェインやアルコールを控える
  4. リラックスする時間を作る

 

などが効果的です。

 

また、部屋を暗くし、自分が心地よいと思える状態を作って、寝るようにします。

良い睡眠をとることで脳や皮膚を休めることにも繋がります。

 

最低でも6時間は質の高い睡眠をとりましょう。

また物理的要因であるハウスダストや食べ物に対して対策を打ちましょう。

 

自分は大丈夫だという安心感を得ることも、アトピーの症状が改善する要因になるとお考えください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*