ステロイドを使わないアトピー治療法とは

パジャマ
Pocket

ステロイドは使わない方が良い?

アトピーは辛い痒みを伴う皮膚病です。
治療をする上ではステロイド剤は痒みや炎症を鎮め、症状を緩和させながら治療するには有効な薬といえます。

小さいお子さんなどは痒みや引っ掻き傷に不安感や焦燥感を覚えてしまうので、ステロイドを使用した治療をされる病院がほとんどです。
しかしステロイドには恐ろしい副作用があります。

ステロイドのリバウンドとは

実はステロイド剤を塗布すると、血液中のIgE値が増加することが分かっています。
IgE値は高い程、アレルギー反応を起こしやすいことを示しており、ステロイドを使用することで、さらにアレルギー反応を強くしているのです。

またステロイドホルモンは人間の副腎から分泌されるもので、元々炎症を鎮める自然治癒力を有しています。
しかしながらステロイドを塗布し続けると、副腎の機能が低下し、次第に副腎からステロイドホルモンが分泌されなくなってしまいます。

そのため、急にステロイドを止めると、リバウンドが起こりやすくなります。
それからステロイドは免疫反応を起こしにくくするもので、皮膚に塗布すると、細菌に対する抵抗力を低下させてしまいます。

アトピーは元々細菌に対する抵抗力が低下したことで発症する皮膚病なので細菌が繁殖しやすくなっています。
そこへさらにステロイドで抵抗力を衰えさせてしまうのですから、アトピーが悪化しないわけがありません。

このようにステロイドは一時的に炎症を鎮める薬ですが、根本的な治療にはなっていないのです。
むしろ後々症状を悪化させる恐ろしい薬なのです。

これまでステロイドを使って治療を続けてきた人にとっては厳しい話ですが、ステロイドの使用を止めれば、低下した副腎の機能も回復し、免疫力も少しずつ回復していきます。
ただステロイドの使用期間が長い人程、治癒には時間がかかるでしょう。

長い間はリバウンドとの戦いになりますが、信頼できる医師を見つけ、治療に取り組むことを是非おすすめします。

そもそもステロイドは必要か?

ステロイドを使ったらアトピーが悪化したという噂が流れていますが、ステロイドとはどのような薬なのでしょうか。
実は人間の体には副腎皮質という臓器からステロイドホルモンが常に作られています。

このステロイドホルモンの働きによって、アレルギーを抑制したり、炎症を抑えたりすることが出来るのですが、この働きを利用したのが病院で処方されるステロイド剤なのです。
アトピー患者の多くは副腎皮質の機能が低く、ステロイドホルモンが生成されにくくなっています。

そのため低下した副腎皮質の働きを補うためにステロイド剤を利用するのです。
ステロイドはアレルギー反応を抑えてくれるため、有効な治療薬といえます。

しかしこの免疫抑制作用は正常な免疫反応さえも阻害してしまいます。
免疫反応は体に侵入した異物を排除して体を守る重要な生体メカニズムです。

しかしながら、ステロイド剤も変わった使い方をしない限り害はありません。
まずステロイド剤は炎症やかゆみを抑え、過剰な免疫反応を抑制するだけでアトピー性皮膚炎そのものを治す薬ではないことを認識しましょう。

その上で炎症やかゆみ、赤みがひどい時の火消し役として使う程度で良いと思います。
有る程度症状が改善したら、ステロイドの役目は終了です。

また症状がひどくなったらステロイド剤は必要になりますが、根本的にアトピー性皮膚炎を治す方法を他に考える必要があります。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*