大人も発症する?アトピーの症状とは

アトピー
Pocket

アトピーの症状

アトピー性皮膚炎の主な症状としては皮膚のかゆみと湿疹です。

アトピー性皮膚炎の湿疹は左右対称に出て、乾燥肌の上に湿疹などの炎症が起こります。

 

乾燥肌であるのは、皮膚の角質の中にあるセラミドが不足しており、水分含有量が少ない状態です。

アトピーにかかるとセラミドが減少し、アトピーの発症や悪化の原因となります。

またアトピーはかゆみが激しく、慢性的であることも大きな特徴と言えます。

また、アトピーは年齢によって少しずつ変化し、部位が変わっていきます。

 

乳児期では顔、頭、耳にアトピーが現れることが多く、炎症部位から分泌物が出て、ジュクジュクします。

強いかゆみを伴いますから掻きむしることが多く、二次的な細菌感染であるとびひになることもあります。

幼児期になるとだんだんと体の下の方に広がり、体全体とくに首、手足、腕やひざの裏などに症状が現れ出します。
乳児期に比べると、乾燥していることが多く、とり肌のようになることもあります。

 

当然かゆみも伴います。

思春期になると、湿疹は全身に現れ、乳児期や幼児期に比べると、さらに悪化したものになります。

 

発症部位としては、顔や首、胸、腕やひざの裏などが多く、皮膚は炎症、肥厚してこけのようになり、肌は赤褐色になったり、色素が沈着したりします。

大人になってアトピーを発症する人も増えているようですが、大人のアトピーは強いかゆみと湿疹が治りにくいという特徴があります。

 

皮膚が乾燥して、厚く硬い皮膚になります。

慢性化すると、色素沈着して、皮膚が黒くなったりします。

 

大人も発症する?

大人アトピーは環境が原因であるといわれます。

例えば免疫機能の異常が考えられます。

 

ストレスや睡眠不足といった不摂生な生活習慣が自律神経を狂わせ、免疫機能を低下させます。

免疫力の低下は、アトピーを発症しやすくさせます。

 

現代社会においては、さまざまな化学物質に取り囲まれています。

水道水には塩素、インスタント食品には食品添加物、車の排気ガスなどの化学物質が体の免疫機能を混乱させていることもアトピー発症の原因となります。

 

住環境の欧米化に伴い、ハウスダストも深刻なアトピーの原因となっています。

これらのいわば環境に起因するアトピー発症に対応するには、体質の改善を図り、住環境を清潔にすることで対処していくしかありません。

 

まずは食事の改善です。

肉や卵、牛乳などのたんぱく質の過剰摂取は避けることです。

 

たんぱく質などの過度の摂取はアトピーの原因となります。

また暴飲暴食も胃や腸に過度な負担をかけ、消化機能の低下をもたらします。

 

昔から腹八分といいますが、これはとても理にかなったことなのです。

そして乳酸菌や食物繊維を摂取し、有害物質を分解、排泄します。

 

アトピーの原因が食事である場合、その原因である食べ物を摂取しないことがまず大切です。

ではアトピーによい食事はなにかというと、やはり腸内環境を正常化し、皮膚に栄養を与える成分が含まれている食べ物がアトピーにはよい効果をもたらします。

 

腸内環境を正常化するのは、野菜や果物などの食物繊維と乳酸菌があります。

食物繊維は老廃物を排出し、乳酸菌は善玉菌を増やして腸内環境を整えます。

 

また皮膚に栄養を与える成分はビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどです。

ビタミンCはコラーゲンと一緒に摂取するとなお皮膚によい影響を与えます。

 

ビタミンB2は野菜やしいたけ、レバー、牛乳などに含まれます。

またビタミンB6は肉類や赤身の魚、レバー、牛乳、ビタミンEはうなぎやアーモンドなどに含まれます。

 

人によってはアレルゲンとなる食品も含まれてますが、大切なことはバランスのよい食事といえます。

アトピーは健康で免疫力の強い体には発症しにくい病気ですから、栄養をバランスよく取ることでアトピーは克服できるのです。

 

また入浴による新陳代謝の活性化を図ります。

水道水を使用すると、塩素が発生するため、出来ることなら水道水は使わない方がよいです。

 

塩素は皮膚や腸のバリアを破壊するため、アトピーの原因であるアレルゲンを体内に侵入させてしまいます。

そして十分な睡眠を摂ることです。

 

夜10時から夜中の2時はゴールデンタイムと呼ばれますが、この時間に睡眠を摂ることでホルモンのバランスを調節します。

睡眠は質も影響します。

 

よい睡眠をとるには、きちんと入浴をして、リラックスできる時間をつくることです。

寝る前にカフェインやアルコールを摂取することもよい睡眠を阻害する原因となりますので、控えてください。

 

睡眠は90分置きに周期がきますから、90分単位の睡眠をおすすめします。

 

ハウスダストを除去

ハウスダストには、ホコリやダニ、花粉、カビなどが含まれ、吸入アレルゲンとなります。

皮膚が荒れていると皮膚からハウスダストの成分が侵入し、アトピーの原因となることがあります。

 

これらハウスダストは環境型アレルゲンといえます。

最近では住環境の欧米化や大気汚染に伴い、環境型アレルゲンが多様化しています。

 

環境型アレルゲンを完全に除去することは不可能に近いといえるでしょう。

でもお掃除や換気でその数を減らすことはできます。

 

ハウスダストは気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の原因となります。

ハウスダストにもホコリやダニ、カビ、花粉などさまざまですが、中でもダニはアトピーの主要な原因といえます。

 

ダニの繁殖は温度25℃前後、湿度70%前後くらいが最も盛んで、人間の生活しやすい条件と非常によく似ています。

ダニと人間は共生しているといってもよいでしょう。

 

ハウスダストに含まれるダニは約30種のダニがいますが、アトピーの原因であるダニはヒョウヒダニといわれ、人の目には見えないほど小さいです。

アトピーの原因となるのはたんぱく質や、たんぱく質と糖類の混合した物質などの成分でできています。

 

ダニはダニたんぱく質という成分を持っており、これは生きたダニ、ダニの死骸や糞、体液に含まれていて、中でも糞はアトピーの主要な原因です。

ダニは夏場に最も数が増え、その後死んだダニが多くなり、死骸の成分が糞とともに空中に浮遊します。

 

これはアトピーだけでなく、喘息発作の原因ともなります。

床材では絨毯や畳にダニは多く、板材にはあまりいません。

 

また日あたりの悪いところにもダニは多くいます。

他にもダニは毛布、掛け布団、マットレス、敷布団、布製ソファーやぬいぐるみにもたくさんいます。

 

ダニは人やペットのフケを栄養源としていますから、まずこれを少なくすることが大切です。

必ず毎日掃除をすることはもちろん、換気や湿度対策も必要です。

 

掃除機は吸引力が強く、フィルターの目の細かい掃除機であれば、ハウスダストを多く除去してくれます。

またサイクロン式の掃除機であれば、ハウスダストをそのまま捨てられるので便利です。

 

また掃除機をかける前に濡れた雑巾などで床や畳などを拭くと、ダニやカビが飛散するのを抑えることが出来ます。

空気清浄機は空中に浮遊するダニやカビなどのハウスダストを効率よく除去してくれるので、おすすめです。

 

また寝具や家具も洗えるものはよく洗うようにします。

カビ対策としては、湿気の多い時期はエアコンを付け、湿度が上がらないようにしましょう。

 

お風呂やトイレの換気も大切です。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*