アトピーの人は日光浴をしたほうが良い?

夏
Pocket

日光でアトピーは悪化しないのか

春になるとお日さまが気持ちの良い季節になります。
つい外出したくなってしまいますが、紫外線が気になるところです。

紫外線はお肌のシミやシワ、くすみの原因と言われていますから、アトピーも悪化するのではないかと心配になります。
もちろん紫外線はお肌にとって有害ではありますが、適度であればむしろお肌には良いのです。

太陽の光でビタミン生成

そもそもお日さまがなければ人間は生きていけません。
万が一太陽が消滅してしまったら、人間は地球上で生きてはいけないでしょう。

ですからお日さまは私たち人間を生かしてくれる大切な存在なのです。
昨今の研究ではお日さまを浴びることで、ビタミンDが皮膚上で生成されることが分かっています。

このビタミンDが免疫系の疾患に効果があるとされ、アトピーを始めとするアレルギーに良い効果をもたらすと注目されています。
ビタミンDはイワシやしらすなどの魚に含まれているものの、食事だけで補うには限界があります。

日本人の女性は特に紫外線に敏感です。
シミやシワを作りたくありませんから、日焼け止めをせっせと塗り、つばの大きな帽子とマスクで顔を隠し、黒い長そで、長ズボンで身を包みます。

しかしこれではビタミンDが生成されません。
それでも全く外に出ないよりはマシだとは思いますが、適度に紫外線を浴びることも大切です。

美白ブームの到来も相まって、日焼けが悪だと思われがちですが、日光を浴びると免疫機能も強くなり、元気が出てきます。
これはお日さまの昇っている時間と沈んでいる時間を身体が認識し、自律神経のバランスが整えられることにも原因があります。

特に子どもは日中外で日光を浴びなければ、健康や成長に障害が出てくると言われています。
日光を浴びずに育った子どもは免疫力が弱く、アレルギーや病気に打ち勝つことが出来なくなる恐れもあります。

出来れば日中は外に出て日光浴をした方が良いのです。
日光浴でアトピー対策してみませんか。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*