皮膚が乾燥する?塩素でアトピー増加の真実

かゆい
Pocket

アトピーの原因は塩素?

よくプールに入ると、皮膚が乾燥したり、髪がキシキシしたりする経験があると思います。
これは塩素の働きによるものです。

水道水にもバクテリアや大腸菌などの有害物質を殺菌し、繁殖しないように塩素が含まれています。

 

有害物質が繁殖しないために、私たちは水道水を安心して飲むことが出来ます。

しかし私たち人間にとっても塩素は有害な物質であることに変わりはありません。

塩素濃度の基準も下限値しか規定されておらず、上限値は決まっていないというのも問題です。

実はこの塩素がアトピーの原因であると考えられています。

 

日本の水道水に塩素が大量に投入されるようになった時期と、アトピーの発症増加の時期は同じ頃です。

もちろん塩素だけが原因ではないかもしれませんが、塩素とアトピーには相当な因果関係が認められます。

 

ではなぜ塩素がアトピーの原因になるのでしょうか。

それは塩素を含んだ水道水が皮膚や腸のバリアを破壊するからです。

 

皮膚や腸のバリアが破壊されると、たんぱく質などの異物が容易に侵入してしまうのです。

例えば腸のバリアが破壊されると、たんぱく質はアミノ酸に分解されず、たんぱく質をそのまま吸収してしまいます。

 

塩素を含む水道水には発ガン性も指摘されています。

皮膚の乾燥は亜鉛の不足が原因ですので、なるべくミネラルを含んだ水を使うことが皮膚の乾燥を防ぐ対策となります。

 

また水道水は飲むだけでなく、料理や手洗い、入浴など皮膚に触れることも多いです。

皮膚も塩素を含んだ水道水を浴びることで細胞が破壊されてしまいます。

 

皮膚の細胞が破壊されると、ダニや病原菌などのアレルゲンが簡単に侵入してしまうため、アトピーの原因となります。

皮膚にも免疫機能が備わっていますから、アレルゲンを攻撃しようと、皮膚で炎症を起こします。

 

抗体はヒスタミンなどのかゆみ成分を放出しますから、当然かゆみの原因となり、かいてしまうとアトピーはさらに悪化します。

お風呂で浴びるシャワーにも塩素は含まれています。

 

塩素を含んだシャワーを浴びることはもちろん有害ですが、お風呂の湯気にも塩素は含まれています。

湯気を吸うことで気管支喘息や鼻炎といった症状も発症する原因にもなります。

 

塩素がアトピーの原因であるならば、塩素を除去しましょう。

塩素を除去する対策としては、浄水器の設置が効果的です。

 

浄水器は手軽に塩素を除去してくれます。

また入浴時の水から塩素を除去するには、シャワーヘッドを塩素除去フィルターの付いたシャワーヘッドにするのも効果的です。

 

お風呂に溜めたお湯はビタミンCを数滴入れると、塩素を中和するので、塩素の除去には効果的です。

ストレスもアトピーの原因になるので、清潔な水を使っているという意識がアトピーの改善によい影響を与えるでしょう。

 

海水でアトピー改善!?

アトピーを発症させる原因として、自然と接する機会が少なくなったことが考えられます。

わたしたちの周りにはビルが立ち並び、コンクリートに囲まれた生活をしています。

 

さまざまな化学物質とともに生活をしているわけです。

よく地方など空気のきれいな場所に行くと、アトピーや喘息の症状が改善することがあります。

 

これは偶然ではなく、きちんと科学的な根拠があるのです。

例えば海に入ると、アトピーの症状が緩和することがあります。

 

海水は塩分ですから、アトピーの湿疹に刺激を与えるので、あまりよい印象を持ちませんが、アトピーの改善によいのです。

海水には塩分が含まれていますが、塩分には殺菌、消毒作用があります。

 

また海水の塩分では細菌は繁殖できません。

アトピーは細菌が皮膚から侵入して、アレルギー反応を起こすことが原因ですから、細菌が繁殖できない環境はアトピーにとってよいのです。

 

海水にはミネラルが豊富に含まれていますから、皮膚を保湿する効果があります。

ミネラルが不足すると、皮膚が乾燥しますから、アトピーの悪化原因となります。

 

海に限らず、山や川などの自然に接することもアトピー治療には効果的です。

適度に日に当たることは、ビタミンDを生成し、皮膚にとってはよいといえます。

 

ただし、紫外線には注意しましょう。

紫外線は皮膚に炎症を起こし、アトピーが悪化します。

 

また紫外線は皮膚のコラーゲンを破壊します。

紫外線は皮膚の湿疹や炎症を悪化させるのです。

 

そのため、山や川、海などにいくときは、日焼け止めクリームを使用してください。

日焼け止めクリームは紫外線をブロックしますから、アトピーの悪化を防ぐには効果的です。

 

また肌を露出しない、なるべく日陰で過ごすなどの対策も効果があります。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*