青汁で体質改善するとアトピーが治る?

青汁
Pocket

なぜ青汁がアトピーに良いのか

現代においては花粉症、鼻炎、アトピーなどアレルギーに悩む人は増加の一途を辿っています。

アトピー性皮膚炎は主に乳幼児の病気をされていましたが、近年では大人になってもアトピーに悩まされている人がいます。

 

アトピーを発症してしまった原因としては、免疫力の低下と皮膚の乾燥が共通しています。

何故青汁がアトピー症状の改善に役立つのかというと、青汁に含まれる成分にその理由があります。

青汁にはビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含有しています。

ビタミンやミネラルは新陳代謝を活性化させ、皮膚細胞の再生を促進します。

 

ミネラルとは具体的には亜鉛、鉄、カリウムやナトリウムのことをいいます。

実はミネラルは人間の体の中で作り出すことのできない成分であるのですが、体を作る為の栄養素として欠かすことのできないものなのです。

 

現代社会はストレスにさらされていますが、ストレスはアトピーに悪い影響を与えます。

ストレスは自律神経のバランスを狂わせ、体に悪い活性酸素を発生させるため、アトピーを悪化させる原因となるのです。

 

つまり活性酸素の生成を止めることが出来れば、自律神経を正常にしてあらゆる病気を予防できます。

抗酸化酸素の発生を抑制し、自律神経を正常化させるのがミネラルなのです。

 

またミネラルには免疫力を高める効果もあります。

特に亜鉛には皮膚の代謝を促進し、ヒスタミンの生成を抑制するため、アトピーの改善には効果的です。

 

逆に不足すると肌荒れを起こします。

科学的にもアトピー性皮膚炎の人は、健康な人に比較して血中の亜鉛値が極端に低く、亜鉛を摂取するとアトピーに有効な効果をもたらしたという報告もあります。

 

ではなぜ亜鉛が不足してしまうのか。

ミネラル不足の原因は、食の欧米化と食品添加物などを使用した加工食品が溢れていることが考えられます。

 

現代人は、添加物の入った加工食品を多く食べるため、ミネラルやビタミンは不足しがちなのです。

ミネラルは食品添加物などの化学物質を中和する働きも持っています。

 

ミネラルによって、体の機能を正常に導き、アトピーにも負けない自然治癒力を高めてくれます。

さてミネラルを含む水としてミネラルウォーターがあります。

 

日本のミネラルウォーターは軟水のため、ミネラルはほとんど含まれていませんが、外国のミネラルウォーターはミネラルを豊富に含んでいます。

しかし外国のミネラルウォーターは硬度が高いため、日本人はあまりなじみがありません。

 

しかもあまり美味しいとはいえません。

無理に硬度の高い水を摂取しようとすると、お腹を壊したりするので飲みすぎには気を付けてください。

 

また、赤ちゃんに飲ませるミルクもあまり硬度の高い水は使わない方がよいでしょう。

赤ちゃんにもミネラルは必要ですが、適量というものがあります。

 

とくに市販の粉ミルクにはすでにミネラルが十分に含まれています。

しかし日本の水道水は塩素を含んでいますから、アトピーにもあまりよいものとはいえません。

 

蛇口に浄水器を付けたり、ウォーターサーバーを設置するなどして、天然水を摂取することをおすすめします。

食事でミネラルを摂取するのであれば、青汁が手軽にミネラルを摂取できておすすめです。

 

青汁にはミネラルの他に、ビタミン、食物繊維など腸内環境や皮膚を健康にする成分が豊富に含まれています。

 

また食物繊維は体内の老廃物や毒素を効率的に排出してくれるため、消化器管の機能改善や血液をサラサラにする効果があります。

さまざまな調査からも青汁を摂取することで皮膚の角質水分量が高まることも実証されています。

 

皮膚の保湿力も高まるため、乾燥肌も次第に改善していきます。

この他にもポリフェノールやフラボノイドの働きによって、アレルギー症状が緩和する効果も期待されています。

 

アトピーなどのアレルギー性疾患を治すには体質の改善が何よりも重要です。

青汁が継続的に摂取することで体質が改善し、免疫力の強化や皮膚の保水力の向上、活性酸素の除去による肌の若返りといった効果がありますから、アトピーにお悩みの方には是非摂取してもらいたいものです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*