アトピーにはスキンケアが大切!おすすめオイルとは

美肌
Pocket

スキンケアが大切な理由

アトピー性皮膚炎が遺伝による影響というのは捨て切れることは出来ません。

生まれながらアトピー素因を持っている人は遺伝的に水分保持力が低い場合があります。

その場合、食事で体質を改善したり、適切なスキンケアをして正常な皮膚を保つ努力をしないとアトピーになる可能性は他の人に比べて高いといわざるを得ません。

このように先天的にアトピー体質である人は皮膚が乾燥してしまうとアレルゲンが体内に侵入し、アトピーに発症してしまうのです。

この他にも私たちを取り巻く環境はストレスや食生活、ハウスダストといった要因からアトピーを発症させる確率を高めています。

アトピーでなくても、アトピーにならないために予防する意味でスキンケアは大切なのです。

アレルゲンを可能な限り除去し、適切なスキンケアによって、お肌の潤いを保ち、アレルゲンの侵入を防がなければなりません。

アトピー治療薬として有名なステロイド剤は炎症を悪化させる恐れがあるなど使用が懸念されるものですから、なるべくならステロイド剤を使わずにアトピーを治したいものです。

話が飛躍してきましたが、何故スキンケアが大切かというと、乾燥した肌がアトピーを発症させたり、悪化させる要因となるからです。

お肌は保湿されていると、外部の刺激にも強く、細菌やアレルゲンの侵入を防ぐことが出来ます。

ただしスキンケアに使う化粧品は成分に注目しなければなりません。

酸化防止剤や保存料、防腐剤、着色料などが含まれている製品はアトピーを治すどころか炎症を悪化させたり、接触性皮膚炎などの皮膚トラブルを引き起こすことがあります。

無添加といっても何が無添加なのかは不明ですから、必ず成分表をチェックしてみましょう。

あるいは口コミや人気の商品というのは効果を実感している人が多いということですから、参考にしてみるのもよいかもしれません。

とにかくよいスキンケア商品というのは自分に合うものを選ぶ必要があります。

お試しを利用してみるのも手だと思います。

アトピー性皮膚炎を治す方法はこちらもご覧ください。

馬油はお肌に優しい

最近注目を浴びている馬油、アトピーにも効果があるのはご存じでしょうか。

馬油には高い保湿効果と高浸透性があります。

馬油は人間の皮膚成分に非常によく似た形をしているため、皮膚になじみやすく、角質層まで浸透しやすいという特徴があります。

アトピーの原因がお肌の乾燥によるバリア機能の低下にあります。

保湿によってバリア機能が張られると、外部からの刺激に強くなるため、皮膚の保湿は非常に重要です。

昔から馬油はやけどの治療にも用いられ、消炎作用や殺菌、抗酸化作用に優れ、アトピーの症状である炎症やかゆみを抑えてくれるのです。

さらには血流を改善する効能もあるため、代謝を活性化させて、自然治癒力によって、皮膚が正常な状態に戻ろうとするのです。

リノール酸がアトピー症状を悪化させるのですが、馬油はリノレン酸に分類されるため、非常に安全な油といえるでしょう。

馬油はスキンケアにもシャンプーにも配合されているものですから、一度試してみて効果があるようであれば、続けてみるとよいでしょう。

アトピーでなくても、保湿をすることで肌質は変わっていきます。

ソンバーユで保湿

アトピーというのは皮膚が弱くなっているために起きるアレルギー性疾患です。

アトピーになると湿疹が出来たり、炎症やかゆみを引き起こすため、アトピーに使えるスキンケアというのも限定されます。

ソンバーユというのは馬油のことですが、アトピー肌を改善させるためにはソンバーユが良いとされています。

実はソンバーユの歴史は長く、昔から火傷や擦り傷の治療薬として使われてきました。

もちろんアトピーの治療薬としても使われていたようです。

ソンバーユは馬油であるため、人間の皮脂に最も近い成分とされ、無添加なスキンケア商品として高い安全性と保湿効果でアトピーのドライスキンの保湿剤として注目されています。

保湿効果以外にもソンバーユには殺菌や抗菌効果があるため、アトピーの弱った皮膚の炎症を悪化させる雑菌を死滅させる効果があります。

また火傷の治療薬にも使われていたことから、抗炎症作用もあり、アトピーの炎症を鎮めてくれます。

最近ではソンバーユを使用したスキンケア以外にも馬油シャンプーも登場しており、ソンバーユの持つ効果が期待されているようです。

ホホバオイルの効果

ホホバオイルは近年注目されているオイルですが、アトピーにも有効であるとされています。

アトピーの原因は遺伝的な要因の他、環境や心理的な要因にも影響を受け、個々人によって原因が異なるか、あるいは複合的な要因が絡み合っていることが考えられます。

アトピーを治すためには生活習慣を見直し、ストレスを溜めないよう生活リズムを改善する必要があります。

また食生活を見直し、バランスのとれた食事や毎日のスキンケアが功を奏します。

スキンケアに使う化粧品はさまざまありますが、ホホバオイルがアトピーに有効であるとされるのはホホバオイルに含まれるワックスエステルによるものと考えられています。

ワックスエステルは高い保湿効果のみならず、人間の皮脂に近い成分であるため、安全に皮膚を保湿し、バリア機能を強化して細菌の侵入を防ぎます。

また皮膚の炎症を悪化させる黄色ブドウ球菌などのバクテリアはホホバオイルを塗布すると死滅し、炎症やとびひを防いでくれます。

ホホバオイルは全ての人に合うといわれており、スキンケアとしてだけではなく、アンチエイジングや育毛効果も期待されています。

ただし植物ですからアレルギー反応が絶対に出ないというわけではないので、使用の前にパッチテストを行うようにしましょう。

コラーゲンの効果

美肌、美容に欠かせない成分としてコラーゲンは有名ですね。

特にコラーゲン鍋は女性の間で一大ブームとなりました。

ではお肌によいとされるコラーゲンにはどんな効果があるのでしょうか。

コラーゲンには新陳代謝を活性化させ、皮膚の再生を促進する効果、老廃物を除去する効果などがあります。

また軟骨を形成したり、お肌に潤いを与え、モチモチな肌にする効果があります。

免疫力も改善するので、アトピーなどのアレルギー症状の緩和にも一役かってくれます。

アトピー肌は乾燥しており、外部の刺激に非常に弱いとされています。

乾燥している肌はかゆみも引き起こします。

かゆみはアトピーの辛い症状のひとつです。

コラーゲンは保湿効果を持っており、水分をたっぷり補給してくれるのでお肌を乾燥から守ります。

またヒアルロン酸の蒸発を防いでアトピー肌のドライスキンの保湿力を補います。

ただしコラーゲンも単体ではその能力を発揮することが出来ません。

ビタミンCを一緒に摂ることでコラーゲンの働きを上手に高めることが出来ます。

またコラーゲンには1型、2型、3型といった種類があります。

特にアトピーに有効なのは1型と3型とされています。

1型は皮膚を生成する機能を持ち、皮膚の90%は1型から生成されていると言われています。

そのため、健康な皮膚を取り戻すには最も効果的なコラーゲンといえます。

また3型も1型と似たような働きを持っています。

コラーゲンは食事で摂取するだけでなく、化粧水や乳液、クリームにも配合されているため、これらを塗布することでアトピーの乾燥肌が改善することがあります。

コラーゲンをスキンケアに取り入れてみるのもよいかもしれません。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*