アトピー肌は清潔が大切!アトピー入浴法

かゆい
Pocket

アトピー肌は清潔が大切

アトピーの人の肌はアルカリ性である傾向があります。

普通の人の皮膚は弱酸性になっているのですが、皮膚の善玉菌が少ないといわれるアトピー肌は弱酸性を保つことが出来ません。

その結果、細菌や雑菌が繁殖しやすい環境であるアルカリ性になってしまいます。

また乾燥しているお肌は刺激に弱く、かゆくて引っ掻いてしまうと皮膚が傷ついて浸出液(リンパ液)といわれるジュクジュクとした体液が流れ出します。

そうすると雑菌はさらに繁殖し、飛び火といって他の部位にも炎症が移転してしまう症状になります。

そのためアトピー肌は常に清潔にしておく必要があります。

夏場などの汗のかきやすい季節は1,2回シャワーを浴びることをおすすめします。

その際に使用する石鹸やボディーソープも低刺激なものを選ぶようにしましょう。

刺激の強い石鹸は皮脂まで洗い流してしまうため、皮膚が乾燥しやすくなります。

また熱いお湯も乾燥肌になりやすいので避けてください。

乾燥した皮膚は保護機能が上手く働かず、細菌やアレルゲンを容易に侵入させてしまうため、入浴後の保湿は欠かせません。

それから強酸性水で皮膚の殺菌をするというのも効果があります。

強酸性水は雑菌やウィルスを死滅させることが出来ます。

雑菌やウィルスを死滅させるというと恐ろしい印象を受けますが、水と塩を電気分解して作られているので、飲んでも被害はありません。

ただし下痢をするなどの恐れがあります。

強酸性水で皮膚を殺菌すると、雑菌やウィルスが生育することのできない環境になるのです。人間の皮膚は常に雑菌やカビがいるといっても過言ではありません。

特に抵抗力のないアトピー肌の場合は、殺菌や入浴などを行って清潔な状態を保つことで雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。

アトピーの入浴法

アトピーにお悩みの方は入浴法にも一工夫が必要です。

まず患部を清潔にすること。特に浸出液などの体液が出ている場合はとびひの危険がありますから、石鹸を使って固まった浸出液を取り除くことが大切です。

もちろん汚れも落とします。また湯船につかり体を温めます。

この際にあまり温度の高いお湯につかると皮膚が乾燥しやすくなるので、注意してください。

湯船につかると汗もかきます。汗はデトックス効果といわれ、体の老廃物を排出してくれる効果があります。

アトピーは皮膚代謝が低下しており、汗をかきにくくなっている人が多いです。

つまり汗をかくことで皮膚の温度調節が上手に出来なくなっているのです。

また塩素ですが、可能なら取り除いた方がよいでしょう。

シャンプーはアミノ酸系の無添加シャンプーを使い、頭を垂れて洗うようにします。

シャンプーが体の炎症部を通るのを防ぐようにしましょう。

石鹸は使ってもよいですが、よく泡立てて手で洗うと刺激が少なくてよいです。

お風呂上がりは早めにスキンケアをするようにしましょう。

入浴後は皮膚の乾燥が早いので、早いに越したことはないです。

スキンケアは何でもよいですが、無添加な乳液や化粧水、クリームを使うようにしましょう。

化粧水の選び方

アトピー肌にとって保湿が何よりも大切です。

なぜならばアトピーの原因は乾燥肌であるからです。

化粧水はお肌に潤いを与える上で欠かすことの出来ないスキンケアです。

お肌に水分を与える上で有効な成分がセラミドです。

セラミドは環境や年齢によって不足してしまう成分ですから、外部から補填する必要があります。

そして化粧水で水分を補給したら、乳液や美容液で水分の蒸発を防がなければなりません。

これがスキンケアの基本です。

お風呂に入った後はお肌はすぐに乾燥してしまうため、スキンケアはスピードが大切です。

毎日こまめなスキンケアを続ければアトピーに効果があるばかりかアンチエイジングにも効果があり、10年後、20年後のお肌の違いは歴然です。

お肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が働かず、細菌やアレルゲンの侵入を防ぐことが出来ません。

アトピーを治すにはスキンケアで保湿することが何よりも大切です。

さてどんな化粧水を選べばよいかというと、成分のチェックは欠かせません。

アトピー肌はセラミドが不足していますので、セラミド配合の化粧水を選ぶのもひとつの方法です。

この他に気を付けたいポイントはお肌に合わない成分は避けるということです。

どんな成分がお肌に合わないかは十人十色ですので一概には言えません。

色々な化粧水を試してみるのもよいかもしれません。

またお肌を綺麗にもちもちしっとりとした状態にしたいからといって、過剰に色んな成分が入っているものを選ぶのも考えものです。

アトピーを根本的に治すには体質を改善してお肌の本来持っている力を引き出すということです。

酵素食は体質を改善してダイエットにも応用されていますが、酵素ダイエットで美肌を手に入れることも出来ます。

過剰にお肌を甘えさせても免疫力が落ちるだけなので注意してください。

アトピーは敏感肌ですから、できるだけ刺激が少なく、潤いを補給できる化粧水がおすすめです。

アトピーにおすすめのスキンケアはこちらです。

入浴時の塩素

水道水に含まれる塩素は見落としがちですが、人体に悪い影響を与えます。

いくらスキンケアやシャンプーに気を使っても、肝心の水が有害では元も子もありません。

塩素を含む水は皮膚を酸化させますが、酸化は人間の体を錆びさせる状態であり、体内で発生する活性酸素などは老化の原因ともなるものです。

プールなど塩素を含有した水を浴びると髪やお肌が乾燥したり、パサつく経験があると思います。

これは塩素によって皮膚や髪のたんぱく質が破壊されていることに起因します。

その結果お肌の保湿力や保水力は低下し、乾燥肌の原因ともなるのです。

塩素はアトピーにとってもよくありません。

またトリハロメタンという名称を聞いたことがあるでしょうか。

これは塩素によって発生する発ガン性物質のことをいい、水道水を摂取することによる発癌性も指摘されているのです。

細菌やバクテリア、ウィルスを死滅させる塩素は強力な殺菌力ゆえに人体にも有害です。

浄水器やウォーターサーバーを設置するなどして極力塩素を摂りこまない、触れない環境作りが大切です。

アトピーにお悩みであれば、とくに入浴時の塩素除去は効果があります。

シャワーヘッドや浴槽のお湯にはビタミンCや活性炭を使い、塩素を中和、除去する方法もあります。

毎日の入浴で浴びる水道水は相当な量になります。

皮膚の健康を取り戻すためには、塩素を取り除くことも大切です。

アトピーに温泉は効果ある?

温泉湯池、温泉療法という言葉も聞かれるほど、温泉というのはさまざまな効能があります。

アトピーに使われるのは主にステロイドなどの薬ですが、根本的な治療にはならず、一時的にかゆみを抑える程度のものです。

温泉は美容にもよく、皮膚になんらかのトラブルを抱えている方の体質を根本から改善させるほか、副作用もなく、昔から日本人に愛用されている治療法です。

アトピーの人の肌はアルカリ性であることが多く、黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖しやすい環境となっています。

そこで酸性泉などの温泉に入ると細菌が繁殖できないため、症状の緩和に役立ちます。

もちろんアトピー肌は非常に敏感なので、刺激が強いという人は様子を見た方がよいでしょうが、殺菌効果は抜群です。

温泉の泉質にも単純泉、硫酸塩泉、酸性泉、炭酸水素泉など色々ありますから、ご自分で実際に浸かって試してみるとよいでしょう。

酸性泉がダメという人は単純泉が比較的誰にでもなじみやすく、効能も幅広いのでおすすめです。

またお湯の温度も非常に重要です。

あまり温度の高い温泉は刺激が強く、お肌を乾燥させるので注意が必要です。

温めの温泉に長時間入ると、デトックス効果もあり代謝を良好にするので、アトピーも改善するかもしれません。

即効性はありませんが、体質から変えていくという意味で、安全かつ効果の高い治療法といえるでしょう。

シャンプーは何を使ったらよい?

アトピーの方は頭皮にかゆみを生じたり、フケが多いことに悩んでいる人がたくさんいます。

強いかゆみから、頭皮を引っ掻いてしまうことにより、フケが大量に出る、汁が出るなど頭皮の悩みも多いものです。

頭皮のケアのポイントは、お肌と同じく保湿させて潤いを保つということです。

皮脂腺の発達している頭皮は、乾燥させるとさらに皮脂が出てくるので、乾燥のさせ過ぎはNGです。

また敏感肌のアトピーにとって、刺激の強いシャンプーも使わない方が良いでしょう。

一番は自分の頭皮に合ったシャンプーが見つかるとよいのですが、選び方の基準はあります。

アトピーの方は必ず低刺激のシャンプーを選ぶようにしましょう。

実際に使ってみなければ分かりませんが、炎症やかぶれを起こす商品は避けましょう。

また洗髪方法にも気を使うとよいでしょう。

頭皮には必要な皮脂と不要な皮脂があります。

何度も洗髪すると、必要な皮脂まで落としてしまうので、1日1回で十分です。

またシャンプーはシャワーでよくすすぐようにしましょう。

シャンプー剤が頭皮に残っていると、炎症の原因となります。

頭皮のケアは難しいですが、以上のことを気を付ければ問題はないと思います。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*