アレルギーマーチを防ぐ赤ちゃんアトピー対処法

くしゃみ
Pocket

赤ちゃんアトピーと大人アトピーの違い

赤ちゃんのアトピーの原因は大人のアトピーと異なります。

赤ちゃんのアトピーは頭皮や顔、耳などに出来ますが、症状や部位は少しずつ変わります。

 

赤ちゃんは皮膚が薄いため、アトピーが出来るとジュクジュクしたり、かゆみを我慢できずに掻いてしまい、飛び火が起きたりします。

赤ちゃんアトピーの症状としては、赤くポツポツとした湿疹、盛り上がった湿疹などがあり、強いかゆみを伴います。

生後3ヵ月までの湿疹は乳児湿疹という脂漏性湿疹やおむつかぶれであることも多いので、見分けはつきにくいです。

しかし乳児湿疹になる原因は皮脂の分泌が盛んになってきたためですから、すぐに治ります。

 

赤ちゃんのアトピーの原因として遺伝が考えられます。

統計的にも両親がアレルギー体質である方が高い確率で赤ちゃんがアトピーになります。

 

しかし昔よりもアトピーが増えてきているのは、遺伝的な原因だけではなく、環境的な原因も絡んでいると考えられないでしょうか。

赤ちゃんはもともと消化器や皮膚のバリア機能が完全ではありませんが、それは今も昔も変わるところではないのです。

 

アトピーの原因としては、生まれてから成長するまでの過程で、環境的な原因によってアトピーに発症すると考える方が合理的です。

赤ちゃんアトピーの原因としては、食べ物とハウスダストが有力です。

 

原因となる食べ物は、三大アレルゲンといわれる卵、牛乳、小麦などですが、アトピーの原因は人それぞれ異なります。

赤ちゃんは胃や腸などの消化器管の働きが弱く、たんぱく質などの異物が上手く消化されずに吸収されるため、アトピーの原因である抗体を過度に作りだしてしまいます。

 

抗体が皮膚でアレルギー反応を起こすとアトピーになります。

また赤ちゃんは皮膚が弱いというのも原因のひとつでしょう。

 

ダニやカビなどのハウスダストは口や鼻から侵入した場合、気管支喘息を引き起こしますが、赤ちゃんは皮膚が薄く、バリア機能が未発達なため、皮膚からダニの成分が侵入してアトピーになります。

アトピーはアレルギー性疾患の最初に現れることが多く、成長とともに気管支喘息やアレルギー性鼻炎へと進みことがあります。

 

これをアレルギーマーチといいます。

しかし赤ちゃんのアトピーは成長とともに胃腸や皮膚が強くなり、治ることも多いです。

 

病院で診てもらうと、一時的にステロイド剤を処方されることがあります。

しかしなるべくならステロイド剤は使わないようにしましょう。

 

一時的に痒みは収まりますが、副作用の危険性があり、おすすめできません。

ただしステロイドが原因でアトピーに発症するわけではありません。

 

アトピーは強烈なかゆみを伴いますから、赤ちゃんは我慢できずに痒くて掻いてしまうことがあります。

アトピーを掻くと、皮膚のバリアー機能が低下し、アレルゲンが侵入しやすい環境を作ってしまいます。

 

ステロイドはかゆみや炎症を抑えてくれますから、上手に使えば有効な治療薬となるのです。

皮膚を傷つけないように赤ちゃんの手を保護する手袋なども有効です。

 

また赤ちゃんのアトピーも皮膚の保湿が大切になります。

赤ちゃんは皮膚が弱いので、刺激の少ない化粧水などで肌の水分を保ち、皮膚のバリア機能を強化します。

 

アレルギーの原因である食べ物を避け、皮膚を清潔な状態に保って保湿をすることが赤ちゃんアトピーの対策として有効です。

どうしても我慢できず、掻いてしまったり、睡眠時の対策としては、ミトンで手を保護するとよいでしょう。

 

アレルギーマーチにならないために

アトピー性皮膚炎を発症した赤ちゃんや子供は成長とともに治ることはよくあります。

しかし、成長とともに疾患がアトピーから形を変えて発症することがあります。

 

これをアレルギーマーチといい、アトピーから気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症へと疾患が変化していきます。

マーチとは「行進」、つまりアレルギーの行進ということです。

 

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんが生まれて間もなく発症しますが、原因としては食べ物であることが多いです。

これは消化器官が未発達であり、たんぱく質などの異物がうまく分解されずに体内に吸収されるためです。

 

しかし人間は成長とともに消化力は強化されるため、アトピーは改善していきます。

成長してもアトピーが治らない場合は、アトピーの原因はダニなどのハウスダストに変わっている可能性があります。

アトピーの原因がいつまでも食べ物であるとは限らないのです。

アトピーの症状も赤ちゃんの頃は顔、頭、胸に現れやすく、ジュクジュクして黄色い汁が出るといった症状ですが、成長とともにひじやひざの内側に現れやすくなり、部分的に乾燥するようになります。

 

アトピーは成長とともに気管支喘息へと移行し、さらにアレルギー性鼻炎になります。

アレルギー性鼻炎の原因としてはダニや花粉です。

 

アトピーはアレルギー疾患の初期症状といわれますが、アトピーを発症したら、アレルギー素因を持っているということですから、喘息や鼻炎を発症することはよくあります。

アトピーは初期のうちに治療と体質の改善に専念することで、アレルギーマーチへと移行する可能性は大幅に減少します。

お子さんをよく観察し、疾患を見極める必要があります。

 

妊娠時の食事も注意

アトピーなどのアレルギー素因は遺伝が原因であるといわれます。

家族にアレルギー疾患があった場合、子供は高い確率でアレルギー体質になります。

 

しかし妊娠時の食事に気を付けることで、赤ちゃんのアレルギー体質をかなり改善することが出来ます。

胎児は妊娠末期に免疫反応である抗体がつくられますから、この時期の母親の食事が原因でアトピーになることもあります。

 

胎児は母親の食べたものを胎盤を通して栄養としていますから、アトピーの原因であるアレルゲンも、胎盤から吸収されるわけです。

食物アレルギーの三大アレルゲンである卵や牛乳は、もっともアトピーの原因になりやすい食品ですから、過度な摂取は避けるようにしましょう。

 

しかし、たんぱく質がアトピーの原因になりやすいのですが、妊娠中は栄養をたくさん摂取しなければなりませんから、偏って摂取しなければ問題はありません。

良質なたんぱく質である肉や魚をバランスよく食べることも大切です。

 

子供がアトピーにならないように食事制限をすることはあまりおすすめできません。

母親がアトピーであるからといって、アトピーの原因である食べ物をまったく摂取しないというのは、胎児の健康に影響しますから注意してください。

 

また母乳はアトピーの予防対策に有効だといわれています。

アトピーはIgEという抗体がアレルギー反応を起こすことで発症しますが、このアレルギー反応を抑制するのがIgAという免疫です。

 

母乳にはこのIgAという抗体が大量に含まれていますから、赤ちゃんの免疫機能を向上させることが出来ます。

ただし、母親が過度にアトピーの原因となりうる食品を摂取していると、母乳を通して赤ちゃんにアレルゲンを送り込んでしまいますから、注意が必要です。

 

たんぱく質も必要な栄養素ですから、過度に摂取しないようにすれば問題はありません。

また人工のミルクは母乳よりもアトピーになりやすいのといわれます。

 

ただし、母乳が出ない場合、ミルクに頼らざるを得ないと思います。

その場合はなるべくアレルゲンをアミノ酸まで分解した低アレルギーミルクを使うようにしましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*