赤ちゃんアトピーが心配!ステロイド剤は使える?

寝ている赤ちゃん
Pocket

赤ちゃんアトピー

一般的に赤ちゃんのアトピーに見られる症状として、頭部の湿疹から始まり、顔、首、体、手足と次第に下降していくことが多いです。

比較的早い段階からこういった症状が見られ、乳児湿疹がなかなか治らずアトピーと診断されることがあります。

湿疹は生後半年ぐらいがピークのようですが、ピークを過ぎると徐々に改善し、1歳頃には治っていることもあります。

赤ちゃんアトピーの主な原因は卵などの食べ物アレルギーですが、生後半年ぐらいには抗体も陽性となるため、アトピーも改善していくようです。

乳幼児期はジュクジュクとした湿潤肌の他、皮膚の乾燥、耳切れになるケースが多く、治ったり悪化したりを繰り返します。

乳幼児のアトピーは免疫機能が出来あがっていないことによる食べ物アレルギーの他、環境、遺伝などさまざまな原因が複合的に絡み合っています。

医師の診断にも違いがあるようですが、生後半年になるとアトピーと診断されることがあります。

病院で処方されるのはステロイド剤です。

塗るとすぐに症状が改善するようですが、止めるとまた湿疹が出てきます。

個人的にはステロイドは一時的に使用してもよいと思いますが、どうしてもかゆみが治まらないとき以外は使う必要がないと思っています。

赤ちゃんアトピーは大人のアトピーと違って免疫機能が改善すれば治癒します。

それまではスキンケアや環境整備を行って対処していくべきです。

赤ちゃんにも使える保湿剤を紹介していますので、参考にしてみてください。

ステロイド剤の副作用

ステロイド剤と聞くと拒否反応を起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。

ステロイド剤はなるべく服用したくないという方が多いのは、その副作用に原因があります。

しかしステロイド剤はアトピーの治療によく処方されるもので、薬である以上ある程度の副作用はやむを得ません。

しかし副作用が出るのはある一定の条件が揃ったときであり、医師の指示に従って服用し、少しずつでも服用を減らしていかなければなりません。

くれぐれも自分の判断で服用をやめたり、あるいは量を多くしたり少なくしたりしない方がよいでしょう。

ではステロイド剤の副作用とはどんなものがあるのでしょうか。

ステロイド剤は免疫を抑制する効果があります。

免疫抑制効果と抗炎症作用により、過剰なアレルギー反応を抑えてアトピーの症状を和らげるのですが、あまりに長期にわたって免疫を抑制すると、本来人間が持っている免疫力を弱めてしまう可能性があります。

そのため感染症にかかるリスクも起きてきます。

ウィルスや細菌などに対する対抗力が衰えるとヘルペスやインフルエンザ、肺炎などを発症するリスクも高まるので注意が必要です。

また皮膚萎縮や毛細血管拡張といった症状も出てきます。

これは皮膚が薄くなって透けるようになったり、毛細血管が浮き出て見えるようになる症状です。

また傷の治癒が遅くなったり、ニキビ、多毛といった症状が出る方もいます。

これらはいずれもステロイド剤も長期服用による影響ですので、医師の適切な指示を仰ぐようにしましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*